インフォメーション
院長挨拶
診療内容
スタッフ・院内紹介
アクセス・診療時間
アイチケット
     

4Dエコーが始まります!!

平成30年6月22日(金)より最新の4Dエコーを導入します。
詳しくは、こちらをご確認ください。

市の子宮ガン検診について

平成30年度の富士見市、ふじみ野市、三芳町の方を対象に市の子宮頸がん検診を開始します。
詳しくはこちらをご確認ください。

【重要】診察日について

【重要】診察時間の変更のお知らせ

H30.1より、午後の診療時間が15時~17時半になります。

火曜日診察について

毎週火曜日は永田一郎先生(防衛医科大学名誉教授、埼玉医科大学病院産婦人科客員教授)となります。子宮脱のスペシャリストです。
なお火曜日のみ受付時間は12時となります。

金曜日 午後の診察について

毎週金曜日午後は戸出 健彦先生(防衛医科大学元准教授)となります。
漢方と更年期障害のスペシャリストです。

■黒田浩一院長について

くろだ女性クリニック 黒田浩一院長について。 詳しくは、 こちらをご確認ください。

アイチケット導入をいたしました。

アイチケットについて

お電話番号かけ間違いにご注意ください。

当院へお電話いただく際に間違い電話が増えております。お手数おかけいたしますが、今一度お確かめの上、お間違えの無いようにお電話下さい。

電話番号:049-256-1500

くろだ女性クリニックへ電話をかける

MENU

インフォメーション

インフォメーション

インフォメーションバックナンバー

 

■2014年5月 市のがん検診のお知らせ(終了いたしました。)

6月2日~11月29日まで、ふじみ野市、富士見市、三芳町の市町民を対象に子宮がんの市の検診を行います。

 

■2013年5月 市のがん検診のお知らせ(終了いたしました。)

6月1日~11月30日まで、ふじみ野市、富士見市、三芳町の市町民を対象に子宮がんの市の検診を行います。

 

■2012年5月 市のがん検診のお知らせ(終了いたしました。)

6月1日~11月30日まで、ふじみ野市、富士見市、三芳町の市町民を対象に子宮がんの市の検診を行います。

 

■2011年5月 市のがん検診のお知らせ(終了いたしました。)

6月1日~11月30日まで、ふじみ野市、富士見市、三芳町の市町民を対象に子宮がんの市の検診を行います。

 

■2010年11月

ホームページリニューアルいたしました。

 

■2010年8月

携帯サイト開設いたしました。

 

■2010年5月 ○市のがん検診のお知らせ(終了いたしました。)

6月1日~11月30日まで、ふじみ野市、富士見市、三芳町の市町民の方を対象に子宮がんの市の検診を行っております。

 

○所在地の表示が以下の通り変更されました。

埼玉県富士見市ふじみ野東1-12-14 プランタン21 2F
※場所の変更はありません。

 

○医療法人 浩心会を設立しました。

 

■2008年7月
○ 法律改定により当院では以下の時間帯に受付を行った場合、時間外診療とさせて頂いております。ご了承ください。

平日 午前12:00~ 午後18:00~  
土曜 午前12:00~ ※午後は時間外診療となります。

 

MENU

アイチケット

患者様の待ち時間解消のため受付の順番をパソコンや携帯電話からご確認いただけるシステムを導入いたしました。
URL http://paa.jp/clinic/245101/ (情報番号:2451)

受付にて受付番号券を発券いたします。
外出時でも現在の受診番号を確認していただけるシステムです。
※本システムは、予約システムではございませんので、今まで通りご来院の上受付してください。

外出される前・外出から戻られた場合は、必ず受付スタッフまでお声かけください。
自分の受付番号の5番前にはお戻りください。
診療時間過ぎてからの外出はお控えください。

受付番号券は、当院に来院していただき、受付後に発券いたします。
午前で受け取った受付番号は、午後には使用出来ません。新しく番号を発券いたします。

お呼び出し時にご不在の場合は、受診順番が次の方へスキップ扱いとなります。
急患の場合や患者様の病状によって、お呼び出しの順番が前後することがございます。
何卒ご了承ください。

MENU

院長あいさつ

約30年間にわたる防衛医大での(教育・研究・臨床)経験を生かし、新しいスタイルのホームドクターになることを目指しています。
全ての女性の皆様の婦人科、内科のご相談や治療に全力を尽くします。十分な説明をし、納得のいく治療を目指しています。気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

主な専門領域と専門医

・日本産婦人科学会認定医
・母体保護法指定医師
・各種保健指定医

院長略歴

・昭和46年 東京医科歯科大学 医学部卒業
・同年   同大学 産婦人科 入局
・昭和50年 東京都府中病院 産婦人科 勤務
・昭和52年 防衛医科大学 産婦人科 助手
・昭和58年 医学博士取得・同大学 婦人科 講師
・平成15年 同大学 婦人科 退官
・同年   同大学 婦人科 非常勤講師
・平成17年 くろだ女性クリニック開院
・平成22年 くろだデンタルクリニックと共に、医療法人 浩心会を設立

MENU

診療内容

治療方針

1)疾患の早期発見、早期治療
2)患者様への十分な説明、納得のいく治療
3)重症患者の専門医療機関への紹介

治療内容

診療科目:産科・婦人科疾患

不妊症
がん検診
市のがん検診
インフルエンザ
・妊娠(分娩までの管理と超音波による胎児異常診断)
・羊水穿刺
・習慣性流産
・子宮腫瘍、卵巣腫瘍
・外陰部疾患
・子宮下垂・脱
・思春期疾患
・更年期障害
・感染症・性病等のチェック
・健康診断
・アレルギー疾患
・ワクチン接種(インフルエンザ等)
 ※詳しい内容はご来院、もしくはお電話にてご質問を承ります。

MENU

スタッフ・院内紹介

 院内紹介

MENU

アクセス・診療時間

〒354-0036

埼玉県富士見市ふじみ野東1-12-14 

プランタン21 2階

電話番号:049-256-1500

くろだ女性クリニックへ電話をかける

 


MENU

不妊治療

不妊治療とは

自然な状態で、2年間夫婦生活を営んでも妊娠しない場合を不妊症と定義します。

 

治療方針

○不妊症の検査

不妊症外来では以下のような検査を行います。

検査は月経周期の決まった時期に行いますので必ず基礎体温表をつけてご持参して頂きます。

一通りの検査終わるまでには2?3ヶ月の期間を必要とします。一ヶ月に1、2回しかご来院できなければかなりの日数がかかることをご了承下さい。

検査中に妊娠すれば万々歳です。

 

1:基礎体温の記録

基礎体温を記録することで自分の月経周期、排卵日、黄体機能などを調べることができます。

不妊症の検査治療には欠かすことができないものです。

 

2:精液検査

ご主人の精液の正常か、否かを検査いたします。

不妊は男性側に40%原因があると言われています。

あらかじめ精液検査用の容器を差し上げますので4、5日禁欲したのちに精液を採取し、外来に持参して頂きます。

精液の量・数・運動率・奇形率などを調べます。

採取後、2時間以内に検査を行います。

 

3:超音波検査

子宮と卵巣の形状を観察し、妊娠可能か否かを調べます。

子宮筋腫や子宮内膜症、またな内性器に異常があれば手術を必要とする場合があります。

 

4:染色体検査

血液を採取し、本人とご主人の染色体に異常がないか否かを調べます。

不妊・流産の原因となることがあります。

 

5:内分泌検査

月経不順や排卵のない人はもちろん、月経が順調であると思われる人でも内分泌の異常で不妊になることがあります。

月経中、または月経直後に血液を採取し、卵巣と下垂体(脳の一部)などの機能をみるための検査です。

 

6:子宮卵管造影検査

卵管の異常は不妊の原因の約30%を占めています。

卵管が詰まっていると妊娠できません。

卵管の通り具合を診る検査には卵管通気、卵管通水、子宮卵管造影などがありますが、当院では最も信頼性の高い子宮卵管造影を行っております。

これは子宮口より造影剤を注入し、X線撮影を行って卵管の通過性のみならず、子宮の形や卵管の形態を診ます。

実施時期は月経終了後?排卵までの間です。当日と翌日に腹部X線撮影が必要です。(予約制)

 

7:子宮卵管造影検査

卵管の異常は不妊の原因の約30%を占めています。

排卵日を正確に知ることは、不妊検査では非常に大切です。

これらの検査は妊娠の最も確率の高い排卵日に夫婦生活を持つことが必要です。

排卵日の推定は予定排卵日の数日前に来て検査を行いますが、一回の検査では正確な排卵日予測は困難なため、一日おきに2、3回ご来院して頂く事があります。

その検査方法は以下の3つの方法があります。

 

ー頸管粘液検査ー

排卵日が近づくと子宮頸管粘液が増加します。

粘液の量や乾燥させた粘液のシダ状の結晶を顕微鏡で見て、排卵予定日を推測します。

 

ー超音波による卵胞計測ー

超音波診断法によって排卵日を推定する検査です。

卵巣の中にある卵胞は排卵日が近づくにつれて大きくなり、排卵日では直径2cmぐらいまでになって破裂し排卵します。

この大きさを測定して排卵日を推定します。

また、排卵日が近くなると子宮の内膜が肥厚しますが、その厚さと形状を観察することにより排卵を予測します。

 

ー尿中LH測定ー

排卵の直前に下垂体からLHというホルモンが大量に分泌されますが、これは尿中に排出されます。尿中のLHを測定することにより排卵日を推定します。

 

8:性交後試験(ヒューナーテスト)

子宮の中まで精子が侵入できるか否かを診る検査です。

排卵直前の翌朝に性交を行ったのちにご来院して頂きます。

性交後2時間以内に行います。

この検査は数回検査しても子宮の中に精子がいなければ夫婦間人工授精を行います。

最近では血液を採取し、抗精子抗体を調べる検査もあります。(抗精子抗体の検査は保険適応外です。)

 

9:クラミジア検査

子宮の中まで精子が侵入できるか否かを診る検査です。

リケッチアの一種である微生物クラミジアは卵管炎、子宮頸管炎の原因となり不妊症の一因となります。

子宮頸管内を綿棒で採取し、DNA鑑定を行います。

陽性の場合は本人とご主人を同時に治療し、不妊の原因を除去します。

 

10:黄体機能検査

卵子は受精したのち約7日で子宮に達し、子宮内膜に着床します。

黄体ホルモンの分泌が悪いと受精卵の着床が上手くいきません。

排卵確認後、血液を採取し黄体ホルモン値を測定します。

黄体ホルモン不足の場合は黄体ホルモンを上昇させるゴナドトロピンを注射したり、黄体ホルモンそのものを投与し、受精卵の着床を手助けします。

以上が不妊症婦人に対する基本的な検査です。

※以下の検査が必要な場合は、専門病院をご紹介いたします。

 

◆腹腔鏡検査

不妊症の一般検査ではどこにも異常が診られないのに妊娠しないいわゆる機能性不妊症の方がいます。

卵管の小さい癒着や内診で分からならいような小さな子宮内膜症があっても不妊の原因となります。

そのため、腹腔鏡で直接お腹の中を検査してお腹に異常がないかを調べ、小手術を行うことがあります。

この検査は原則として人工授精を10回以上行っても妊娠しない人に限ります。

 

◆子宮鏡検査

子宮卵管造影や超音波検査で子宮内にポリープや子宮筋腫の存在が疑われるときに行います。

子宮筋腫やポリープが見つかった場合には切除します。

MENU

がん検診

がん検診

当院でおこなっている「がん検診」

 

■子宮がん検査(子宮けいがん)

子宮けい部(膣の中に顔を出している子宮の出口の部分)から細胞をこすり取って採取し検査を行います。

検査をしてからから結果が出るまでは、通常1週間以上かかるものと思います。

検査自体は数秒で終わってしまう検査で、ほとんど痛みを伴いません。

結果の評価はクラス1から5までの5段階に分け、異常なしと考えて良いのはクラス1と2です。

クラス3以上は、細胞に異常所見ありということを意味し、精密検査が必要となります。

 

■子宮がん検査(子宮体がん)

子宮たい部(子宮の内膜部)まで小さなカテーテル吸引機を挿入して、細胞を吸引して採取し検査を行います。

検査をしてからから結果が出るまでは、通常1週間以上かかるものと思います。

検査自体は数秒で終わってしまう検査で、ほとんど痛みを伴いません。

結果の評価はクラス1から5までの5段階に分け、異常なしと考えて良いのはクラス1と2です。

クラス3以上は、細胞に異常所見ありということを意味し、精密検査が必要となります。

 

■卵巣がん検査

当院では超音波による検査と血液による検査を行っております。

超音波検査は膣内部にエコーを当て、病巣がないか検査を行います。

 

MENU

市のがん検診

市のがん検診

当院では、市の子宮頸がん検診を行っております。

■実施期間

平成30年6月1日(金)~平成30年11月30日(金)

 

■子宮頸がん検診

 

■対象者

子宮頚がん検診は平成30年度から2年に1回の検診になりました。
20歳以上の女性(平成11年3月31日までに生まれた人)で下記に該当する人。
 ・誕生月が奇数の人
 ・誕生月が偶数の人で前年度に受診歴のない人
 ・無料クーポン対象者
(がんで治療中の方、子宮全摘出後の方、医療機関で経過観察中の方は、原則医療での受信となります。)

 

■ご持参いたくもの:保険証  無料クーポン券(対象者の方のみ)

①保険証
②無料クーポン券(H9.4.2~H10.4.1までに生まれた女性に、市から配布されます。)

 

■費用:1,000円

注:問診票は、当院にありますので、当日ご記入下さい。

 

なお、10、11月は大変混みますので、早めの受診にご協力下さい。

 

   
MENU

予防接種

当院のインフルエンザ予防接種

インフルエンザの予防接種を受けたといってもインフルエンザにかからないというわけではありません。成人の場合、インフルエンザの発病阻止率は約70%~90%、小児の場合はさらに低下します。あくまで予防接種とは、病気にかかりにくくしたり、かかっても重くならないことを目的としています。

 

●時期

平成28年10月20日(木)~

 

●対象者

1)成人女性2)夫婦同伴の方は男性でも可3)中学生以上のお子様

 

●予防接種回数

原則として、1回接種。ただし、お子様の場合は2回接種が必要です。

 

●予防接種の流れ

電話では予約はできません。来院時に、ご予約下さい。

 

●予防接種の費用

3,780円(税込)

 

★高齢者インフルエンザ予防接種(65歳以上)

12月24日(土)まで、自己負担金は1,000(税込)円です。